British Anthems

    行ってまいりました、British Anthems!! 
    会場でビール飲みすぎました(笑 

    英国の若手バンドを一気に拝むことができる、またとないチャンス。 
    これだけのアーティストを、6,500円で堪能できるのだから 
    見逃せません。 

    今回初めて見て面白かったのは 

    LOS CAMPESINOS-パンクっぽいんだけど、ヴァイオリンや鉄琴が 
            登場し、うまいことミクスチャーされてて面白い! 

    BLOOD RED SHOES-ギターとドラムの二人組。で、二人ともVoもこなす。 
             ベースレスなことを感じさせない大音量で、 
             かなりヘヴィなロックを聞かせる。 
    など。 
    それにしても、上記2組も含めて 
    今回は女性メンバーを含むバンドが多かった印象ですな。 

    で、今回お目当てのLUCKY SOULが無茶苦茶良かった!! 

    なんと、短い持ち時間の中で、これまでのシングルは全曲披露して 
    くれました!!これまで来日を待っていた甲斐があったというもの。 
    あの限られた時間の中ではベストな選曲!! 

    [SET LIST]たぶんこうだったと記憶してますが・・・違ってたらスミマセン 
    1 MY BRITTLE HEART(1st single-A) 
    2 ONE KISS DON'T MAKE A SUMMER(5th single) 
    3 AIN'T NEVER BEEN COOL(3rd single) 
    4 ADD YOUR LIGHT TO MINE, BABY(4th single) 
    5 GIVE ME LOVE(1st single-AA) 
    6 THE GREAT UNWANTED(Album title track) 
    7 LIPS ARE UNHAPPY(2nd single) 
    8 GET OUTTA TOWN!(Album収録曲) 

    ヤバイっす。 
    演奏や歌も素晴らしい。 
    Last FMルーフトップ・ライヴでは、ちょっとぎこちない印象も 
    あったのですが、あの時はビル屋上という劣悪な環境で 
    緊張していたのかもしれませんね。 
    今回、まともなハコではしっかりした演奏で満足させていただきました! 

    というわけで、明後日の単独ライヴも行きます!! 
    楽しみです。 

    あ、ちなみにPipettesも良かったです。 
    前半マイクトラブルか何かで。声が聞こえなかったけど。 

    それにしてもLucky Soulといい、Pipettesといい、 
    いい意味で60年代的な良質なポップスを現代に蘇らせたというか 
    そういう功績は大きいですなぁ。 

    彼女たちのようなバンドが、UKから登場したというのも面白いですね。 
    アメリカン・ポップス、中でもモータウンやウォール・オブ・サウンド的な 
    アプローチも随所に見られるわけで。 

    デジタルなテクノや、サンプリング使いまわしのヒップホップでは 
    味わうことが出来ない黄金ポップスの復権に、もう一頑張りして 
    もらいたいものです。 

    っつーわけで、UKばかりでなく、世界中でこのようなブームが 
    巻き起こってほしいと願う今日このごろ。 

    そういえばLucky Soul、なんとKilling Moonのカバーもやってたりするんですね・・・。 
    今日はやらなかったけど、明後日の単独ライヴでもやらないかな・・・と密かに期待。 


    *** music bar Gaffa(ミュージックバー・ガッファ) *** 
    ※80's洋楽を中心に、リクエストされたレコードやCDをガンガンおかけしてます!! 
    【住所】札幌市中央区南5条西2丁目社交会館2F    
    【TEL】011-522-5343 







    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2007/12/09 23:30 ] ライヴ・レビュー | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bargaffa.blog.fc2.com/tb.php/273-c9938656